MENU

骨粗鬆症の判断基準ってどうなっているの?

スポンサーリンク

皆さんは自分の骨がどのような状態であるのかご存じでしょうか?
ほとんどの方が把握をしていないのではないかと思います。
自分の目で見える肌などであれば肌荒れなど症状がわかると思います。
また風邪など感染症や病気で有れば症状が起こるためわかるかと思います。
しかし、骨の状態というのは、いざ検査をしなければ判断が付けにくいものと言えます。
どこかにぶつけて骨折して初めて自分が骨粗鬆症と言うことだと認識したという事では遅いという事になります。
そのため検査を行って骨の状態を知る事が重要です。
特に70歳近辺の高齢者の方ですと、半数が症状を持っていると言われていますが、自分自身で認識されているかたはそう多くないと言うのが現状です。
骨の状態というのは、「世界保健機関(WHO)」が診断基準を基準を定めています。

スポンサーリンク

これは1994年に作られたもので
20歳から40歳の平均値から「−2.5SD」以下になったものが、骨粗鬆症として骨折の危険があるとされております。
しかし日本では「SD」って何の単位?どういう意味なの?というようにの単位がわかりにくいという事がありました。
そこで1996年に「パーセント%」を使用した診断基準が制定されました。

この診断基準によって、20〜44歳の方の平均骨量について100%と設けて
20%まで減少 「正常」
20から30%の減少 「骨量減少」
30%以上の減少 「骨粗鬆症」

とされています。
他にも、「骨密度」については「YAM値」というものを使用します。
YAMというのは、「Young Adult Mean」の頭文字を使用した者です
骨密度ががもっとも高いとされている20代の骨密度を基準として「100%」と設けます。
そこからどのようになっているのかでパーセント%表記をしていきます。
定義が複雑ですが、

脆弱性骨折がある「YAM80%未満で骨粗鬆症」
脆弱性骨折がない「骨密度がYAM80%で、なおかつ脊椎X線で骨粗鬆がない場合は正常。」
骨密度が「YAM70%以上 80%未満の状態、脊椎X線で骨粗鬆の疑いがある場合、骨量減少」
骨密度値「YAM70%以下、脊椎X線像での骨粗鬆化がある場合は骨粗鬆症」

 

骨粗鬆症の診断基準というのはこのように設けられています。

スポンサーリンク