MENU

「喫煙」が骨粗鬆症の原因!?

スポンサーリンク

近年、タバコというのは様々な害があると言われるようになりました。
これはずっと昔から指摘されている事ではありましたが、現在より強いメッセージで発信されるようになりました。
さて、今回は「喫煙と骨粗鬆症の関係」について説明をしていきたいと思います。
喫煙によって、体に数千の有害物質が入り込むといわれていますが、その1つに骨粗鬆症を防止する女性ホルモンがあるのですが、喫煙によって分泌量を制御してしまうことがわかっています。
特に女性においては骨粗鬆症を発症する方が多く、タバコを日常から摂取している場合にはより骨粗鬆症のリスクがあがるとされています。
骨というのは、ざっくりと説明をすると、カルシウムとコラーゲン線維の結びつきで構成sれているのですが、タバコによりコラーゲン線維の合成を邪魔してしまうという事も若手います。
骨粗鬆症というのは、年齢を重ねるで骨の骨量が減少するというものです。

スポンサーリンク

重度になると骨がスカスカな状態になってしまし、ちょっとぶつけたり体を動かしただけでも骨折が発生すると言われています。
以前は老化によって起こる自然現象といわれていたのですが、近年では「骨がもろくなってしまう病気」として定義されるようになりますた。
骨粗鬆症には色々な原因があるとされ、「ステロイド骨粗鬆症」というステロイド治療薬が原因であるものから「原発性骨粗鬆症」というものなどがあります。
原発性骨粗鬆症というのは、完全に原因が解明されているわけではないのですが、女性の閉経が近づく更年期に多く発症するとされています。
患者数は50歳から増え始めると言われており、70歳では半数の方がこの病気であると言われています。
喫煙というのは、この症状を促進させてしまうという事があり、他にも、「気管支、肺、血管、心臓」などこれはほんの一部になりますが、体中の至る部分に影響を与え、命に関わる疾患の原因になることもあります。
骨粗鬆症だけではなく、他のさまざまな病気を予防するためにも喫煙は控えることをオススメします。

スポンサーリンク