MENU

骨粗鬆症の尿検査って何を調べるの?

スポンサーリンク

骨粗鬆症を診断する上で重要になるのが、「検査」です。
どの病気でもそうですが、検査を行うこと何が原因によって病気が引き起こされているのかということがわかり治療の方針を決めることがあります。
骨粗鬆症でも多くの治療方法があり、たとえば「レントゲン」ですが、本来X線というのは、骨を通過しません。
そのため、レントゲン写真や画像をみると白く写っているのを確認することができます。
しかし、骨密度が減少してくると次第にX線が通過しやすくなるため、白く写っている骨が薄くなったり、黒っぽくなったりとします。
さて、今回は「骨粗鬆症の尿検査」について説明をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

骨粗鬆症の尿検査

 

これは、尿中に含まれる「DPD(デオキシピリジノリン)」というものを測定するものです。
骨粗鬆症のリスクの測定というと、骨密度の測定を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。
しかし、こちらは骨の代謝を調べる検査になります。
骨のカルシウムが溶け出していないかを判断するための指標として使用されるのがこの「DPD(デオキシピリジノリン)」というものです。
DPDは、コラーゲン細繊維間の繋ぐ成分として骨のコラーゲンと深く関係を持っています。
人骨というのは、「リン酸カルシウム80%、コラーゲン20%」などから構成されています。
骨の吸収が進むことでカルシウムと同じく、コラーゲンも吸収されるので、血液に混じり尿として排出されます。
個々が重要で、尿中のDPDを測定することで、骨量の減少過程を測定する事が出来るということです。鋭敏に見つけ出すことができます。
骨粗鬆症というと骨密度の検査が有名ではありますが、治療に置いて重要なってくるのが、DPD(デオキシピリジノン)と言った骨代謝マーカーの測定になります。
骨代謝状態、治療の効果を早期に判定することや骨折リスクの判定に役立ちます。
また、 DPDの値の推移を知ることにより、患者さん側にもメリットがあると言われており、骨粗鬆症に対する認識や処方箋の服用率が向上するということも狙いとして有るようです。

※注意として、高齢者の骨粗鬆症では骨折が骨代謝に影響を及ぼす可能性が高いと言われています。
骨代謝は必ずしも安定していないという事があり骨粗鬆症の治療は長期間に渡るので1度ではなく何度も測定して正しい状態を見る必要があります。

スポンサーリンク