MENU

骨粗鬆症の検査費用はどれくらいなの?

スポンサーリンク

骨といえば、カルシウムとタンパク質によって形成されているものですよね。
そして、この骨というのは、日々、壊しては、新しく作られ、日々新しい骨に入れ替わって新陳代謝をしています。
しかし、この新陳代謝のバランスが崩れることで骨の密度が低下してスカスカな骨になってしまい、骨折の原因になります。
これを骨粗鬆症と言いますが、更年期や、栄養バランス、運動不足といった事が原因でおこることが多いです。
では病院でこの骨粗鬆症を診断するのはどのような方法があるのか?また費用はどれくらいなのか、検査を行う医療機関ごとに金額の差はありますが、おおよそな金額で説明をしたいと思います。
この骨粗鬆症というのは、検査方法が2つあります。
まずはじめに、「超音波骨密度測定装置」での検査方法です。

スポンサーリンク

こちらは、椅子に座るだけで簡単に検査が行えるものです。
椅子に座り、足元に検査装置がありますので、こちらに足を乗っけます。具体的にはかかとの部分の骨で測定を行う検査なのですが、検査の時間は10秒も掛かりません。
ただ座るだけで、簡単で、なおかつ精度の高い検査が行えます。
こちらは3000円もしない程度の検査料金になっています。
続いては簡単に説明をするとX線による検査になります。
名称は「DXA法」と呼ばれている検査方法になります。
こちらは骨の中にあるカルシウムやマグネシウムといった成分の量を測定するものです。
種類の違うX線により、その差から骨密度を測定するという方法になります。
これは、横になって、腹部(腰と太もも)周辺の骨密度を測定する事になります。
こちらは大体2000円程度で検査が行えます。
こちらも検査時間はさほど掛からず5分程度の検査時間になっています。
妊娠中の方ですと、X線なので検査を控えるよう言われる可能性がありますので、医療機関で相談してみてください。

スポンサーリンク