MENU

骨粗鬆症の検査は何科なの?重要なのは通える病院です!!

スポンサーリンク

骨粗鬆症という病気についてご存知でしょうか?
骨粗鬆症とは加齢とともに骨の密度が低下していき、骨かもろくなっていってしまう状態のことを言います。
しかし、加齢というと病気とはとてもいえません。
この病気は、特に40歳以上の方に多く見られる病気です。
また、骨粗鬆症は、女性と男性では女性の方がなりやすいと言われています。
これは、「更年期」というものが関わってきています。
女性の方がなりやすい理由というのは、女性は男性と違い月経があります。
本来定期に月経を迎えるのですが、更年期に差し掛かること「閉経」が発生します。
女性のホルモンのバランスを調整と非常に密接な関係がある月経ですが、閉経によってホルモンバランスが崩れてしまうということがあります。
そのた、この時期から骨の密度が減少してしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

では、この「骨粗鬆症の病院選択」はどうすればいいのでしょうか?
あまり馴染みがない病気の場合で不安になるのが病院選択になるかとおもいます。
この骨粗鬆症の場合には「整形外科」が好ましいです。
しかし、これ以外にも「内科」「産婦人科」でも検査を行うことができます。
意外と多くの病院で診察を行うことができるので、もし、発症していた場合にできる限り通える病院選びが大事になるかと思います。
骨粗鬆症の治療に関しては長い期間かかるので身近な病院を選択することがいいかと思います。
上記の科の科がある医療機関で検査を行うことが可能ではあるのですが、確実に検査が行うことができるか電話やインターネットで事前に調べておくのもお時間を無駄にせずにすむかと思います。
具体的な検査は「血液検査」「尿検査」「レントゲン検査」「超音波エコー」「DXA法」などになります。
これらを総合的に判断して発症の有無を判断することになります。
骨粗鬆症は、症状が進行すると完治することが困難になる病気です。
そのため、早期発見、早期治療が重要になります。
また医療機関までの距離が遠い、時間がかかるとなると体や精神的に負担がかかり途中で治療をやめてしまう可能性がありますで、そのあたりも考慮して病院選びをするようにしましょう。

スポンサーリンク