MENU

骨粗鬆症の骨密度骨密度は回復できます

スポンサーリンク

人の骨は高齢になってくるともろくなってきます。
骨密度が減少して骨粗鬆症と言われる状態になります。
特に女性の場合には、閉経に伴い女性ホルモンのバランスが変化するために急激に症状が進行する場合もあります。
骨密度は簡単に調べることが可能であり、薬局やドラッグストアで測定器を無料で使用することができるところもありますし、健康診断などで調べてくれるところもあれば、健康フェアなどのイベントで測定することもできます。
その時に数値が基準の範囲より下回った場合には整形外科などを受診して相談することが重要です。
そのままでいると、転倒したときに骨折などの危険が高まるからです。
高齢者の場合、骨折をきっかけに寝たきりになってしまう人もいるので注意が必要です。

スポンサーリンク

そこで、整形外科などを受診すると、程度に応じて骨密度を回復させる薬を処方してくれます。
ビタミンDというようなビタミン製剤やカルシウムを処方されることもあれば、女性ホルモンのような製剤を処方されることもあります。
またビスフォスフォネート製剤といって、骨の修復を助けるものもあります。
この製剤は特に面白く、週に1回とか4週間に1回服用すればいいものもあります。
骨粗鬆症と言われると、年なんだから仕方ないなどと考えてしまう人もいますが、今は薬によって十分に骨密度を回復することができるのです。
従って、ある程度の年齢になったなら、自分の骨密度を知るようにすることが重要です。
自分が骨粗鬆症であることに早く気がつけば早く気がつくだけ、回復も早くすることができます。

スポンサーリンク