MENU

将来的に骨粗鬆症になるかどうかがわかるntx検査

スポンサーリンク

女性は高齢になると骨粗鬆症になるリスクが高くなります。
女性ホルモンが骨を作ったり丈夫にするのを助ける働きをしているのですが、閉経期を迎えると分泌量が減ってくるため骨量も徐々に減ってきて骨がもろくなってきます。
昔と比べて身長が低くなったり背中が曲がってくる、原因不明の腰痛になるなどの症状が出てきたら注意が必要です。
骨が弱くなると単に姿勢が悪くなるだけではなく、歩くのが辛くなったり家事をするのが辛くなるなど日常生活に支障ができてきます。
女性は筋力が弱いため骨にかかる負担も大きいので、骨がもろくなると体に大きな影響が出てきます。
早めに検査して対処しておくと良い薬もできているので骨粗鬆症になるのを予防できます。

スポンサーリンク

骨粗鬆症かどうかは骨密度を調べる検査やレントゲン検査をすればわかりますが、将来的に骨粗鬆症になるリスクを調べるものにはntx検査があります。
ntxは尿の中に破骨細胞という骨が壊れた時にでる細胞がどのくらいあるかをみるもので、破骨細胞が多ければ多いほど骨が弱くなっていっている証拠となります。
65歳以上になると骨粗鬆症になる人が増えてくるので、早めに検査を受けて自分の骨の状態を知ることが大切です。
もしも骨が弱くなっている場合には骨を丈夫にする薬を飲むことで骨量を増やすことができます。
また骨を丈夫にするにはカルシウムを積極的に摂る他、骨を生成するのに必要なビタミンDを作るため日光を浴びたり運動するのも効果があります。

スポンサーリンク